結婚内祝いのマナー|結婚祝いのお返しをしよう!併せて内祝いでのプレゼント選びについて|weddingお返しナビ

上司に対して贈る結婚内祝いのマナーを紹介します

結婚内祝いのマナー

花とプレゼント

金額について

上司に対して結婚内祝いを準備するような時には、金額について悩むこともあるのでは無いでしょうか。結婚内祝いの相場として挙げられるのが、もらったお祝いの半分程度の金額を用意するという事です。上司に対してですのでもっと少ない金額でも良いこともありますが、半分の額であれば問題はないと言えます。

避けるべき品物とは?

上司への結婚内祝いは、マナー違反とならない品物を準備することが必要となります。例えば下着などは生活に困窮していると考えられることもあり、失礼に当たることがあるでしょう。また靴下といった履物は、目上の人に贈る品物としては相応しくないと言えます。

上司を見極めて

より気の利いた結婚内祝いを贈るためには、上司の生活などを考慮して選ぶと良いでしょう。例えば子供がいる方に対しては、できれば家族で楽しむことができるような品物を選ぶと良いでしょう。未婚の方に対しては、少し華やかなものを贈るようにすると良いでしょう。

内祝いを渡す方法

上司へ結婚内祝いを渡す時には、手渡しすることが望ましいでしょう。手渡しするような時には、上司の自宅を直接訪問すると良いです。どうしても自宅に行くような時間が取れなかったり相手の都合が付かないという場合には、会社で手渡しすることも出来るでしょう。会社で渡す際には、渡すタイミングを考慮しましょう。

お礼状の準備も忘れずに

結婚内祝いを上司に対して贈るような際に忘れてはならない事が、お礼状を準備するという事です。お礼状を書くときには、筆ペンやインクのペンなどを利用するようにしましょう。手書きで書くことがマナーとなっています。

マナーをきちんとわきまえて

普段お世話になっている上司から結婚祝いをいただいた時には、きちんとマナーをわきまえてお返しをすることが大切でしょう。上司に対してきちんとお返しをすることで、あなたの印象もぐっと良くなるはずですよ。